ゲームBGM.netについて
video-controller-336657_1280

ゲームに利用されているBGMというのは、凄く耳に残りやすいものが多いです。
曲で引きつけようということもないのですが、ゲームのイメージを損ねないようにしている物が多いため、安心感を持てるというのもあります。有名な方が作曲しているゲームも多数あるくらいで、盛り上げてくれる部分だと思います。

明らかに合わないようなBGMを利用しているゲームは殆どありません。どのような曲を流すことによって、印象を強く植え付けられるのか考えているのです。熱い部分には激しい曲を流しますし、落ち着いている場面ではおとなしい曲を利用します。こうして場面ごとに曲を変更することで、更にゲームの雰囲気を作り出しています。

耳に残りやすいというのは、同じマップを何度もプレイしていることによって、残ってしまうということもあります。なかなかクリアできないために、同じBGMを聞き続けていることだってありますが、こうしたプレイが更なる印象を植え付けているのかもしれません。

ゲームの中のBGMはあまり多くは知らないのですが、初めてやってみたゲームがファイナルファンタジー10だったので、ゲームのBGMの中では一番思い出に残る音楽でもあります。ファイナルファンタジーシリーズは旅をする間にも、その行先の場面に合わせたBGMがかかります。

個人的にとても好きな曲はたくさんあるのですが、オープニングの「ザナルカンドにて」はロマンティックで良い曲ですし、南国のような曲調の「ビサイド島」も繰り返し続くリズムが心地よいです。

「雷平原」は雷の鳴る地域をイメージしているのに、どちらかというと小さな雨の水滴が奏でる曲のように可愛らしく、「マカラーニャの森」はクリスタルで出来た神秘的な森をそのままにまさに不思議とファンタジーの世界をそのままBGMにしたような曲です。

「いつか終わる夢」は、このゲームのファンであればまず一番好きな曲としても有名だと思う曲でしょう。季節感もありますが、冬の曲としては「極北の民」も重厚なリズムがとても素敵です。このようにファイナルファンタジー10の曲は、ゲーム曲としてだけではなく、音楽としてもかなり心にも残るBGMだと思います。

JALカード お小遣いNET 英語上達の秘訣 住宅リフォーム総合情報 マッサージのリアル口コミ.com 女性向けエステ.com